2007年07月25日

草刈民代×レニングラード

草刈民代さんが、 レニングラード国立バレエ 日本公演 にゲスト出演しました。

kusakari1.jpg

レニングラード国立バレエ米子公演華麗なるクラシックバレエ・ハイライト
(新日本海新聞社主催)が21日、鳥取県米子市角盤町二丁目の市公会堂で開かれました。

日本を代表するバレリーナの一人、草刈民代さんもゲスト・ソリストとして出演。
会場を埋め尽くす約900人の観客は磨き抜かれた「美」の舞いに酔いしれていたそうです。

レニングラード国立バレエ古典バレエを最も得意とし、「くるみ割り人形」や
眠りの森の美女」などを中心に活動。来日公演も850回を数え、日本でも親しまれています。

 今回の公演では、古典バレエの代名詞とも言える「白鳥の湖」や
ワルプルギスの夜」など8つの名場面を集めました。

草刈民代さんも「瀕死の白鳥」と公演の締めを飾る「エスメラルダ」で演じました。
瀕死の白鳥」では命が消えかかった白鳥の弱々しさを見事に表現し、
エスメラルダ」では躍動感あふれるダンスを披露、会場からは終始拍手が送られていたそうです。

草刈民代さんのバレエ、一度、生で見てみたいです。
ちなみに草刈民代さんって、牧 阿佐美バレエ団でしたっけ。





スポンサードリンク






You tube バレエ画像・コンクールや舞台などバレエのブログTOPへ

■参照元
http://www.nnn.co.jp/news/070722/20070722003.html
日本海新聞より

■写真転載元
http://www.nnn.co.jp/news/070722/20070722003.html
日本海新聞より
posted by ballet at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 草刈民代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49172111

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。