2007年11月08日

レペットのバレエシューズ人気、セレブの定番に

MODE PRESS の記事によればhttp://www.afpbb.com/fashion/2298156

【11月7日 AFP】(一部更新)ヒールの高い靴が幅をきかせるファッション業界で、これまで目立たなかった、かかとのごく低いタウン用バレエシューズが脚光を浴びている。



デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)』のエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)、映画監督のソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)、ケイト・モス(Kate Moss)などの著名人がこぞってレペット(Repetto)のバレエシューズをはいているのだ。

バレエシューズの生みの親はローラン・プティ?

 レペットバレエシューズ制作会社は今年で創設60周年。最初のバレエシューズは、1947年にローズ・レペット(Rose Repetto)が、息子でバレエ界のスターであったローラン・プティ(Roland Petit)のために作った1足のシューズがきっかけだという。

 言い伝えでは、レペットが柔らかな肌触りのシューズを縫うために特別な縫い方を編み出したとされているが、実際はプティが完ぺきなバレエシューズを求めて米国の技師に機械の開発を依頼したとの説もある。

 いずれにせよ、レペットバレエシューズを開発して10年もたたないうちに、当時22歳のブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)が、映画『素直な悪女(And God Created Woman)』の中ではくバレエシューズに、かかとを付けて欲しいとレペットに依頼する。バルドーがはいたバレエシューズタウン用シューズとしてたちまち世界的な大ヒットとなった。

 その後30年間、経営は上り坂に。だが1980年代にローズ・レペットが他界すると、プティは会社を売却。経営は一気に下降線をたどった。

■凄腕経営者により赤字会社が急成長

 1999年、レペットの最高経営者Jean-Marc Gaucher氏は赤字に苦しむ家族経営のレペット社を買収。わずか数年間でファッション業界で最も注目される会社に成長させた。シンデレラのようなサクセスストーリーを地でいくGaucher氏は、「我が社の基盤はダンス。買収したとき、それだけは変えないと決めていた」と語る。

 買収時の制作量に1日100足だったが、今では1日2000足、1年で60万足の靴を制作している。毎月新しく店頭を飾るバレエシュースバリエーションは、200種類にもおよぶ。パリ・オペラ座から目と鼻の先にある店頭には観光客が詰めかけ、バレリーナを夢見る女の子がトウシューズを試し、母親たちがチュチュを見る姿がみられる。

■日本の最先端デザイナーと提携

 Gaucher氏はさらに、国内でのレペット社のイメージを一新するため、イッセイミヤケ(Issey Miyake)やヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)などのデザイナーと積極的に提携。「われわれのような小さな会社にとっては、ビッグ・ネームと手を組み、日本や米国で最先端だということをアピールすることが一番だった」と話す。

 この戦略が功を奏し、2005年には100万足の販売を達成。流行の店で限定版の靴の販売を始め、2006年には業界50%のシェアを勝ち取っている。
posted by ballet at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエシューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。