2007年08月06日

ジャパングランプリ決戦

毎年、札幌で行われる「全国ジュニアバレエコンクール ジャパングランプリ
が、今年は、相模大野で行われました。

家の娘は、バリエーションドルシネアのVa)の振り付けに入ったばかり
ということで、今年は見合わせました。
でも、8月4日の決戦は、勉強のためと、先輩やお友達の応援のために
見に行ったのです。

朝の8時〜夜の10時過ぎまで、ホールに立てこもってました(汗・・・)
児童の部・ジュニアA・Bまで、予選に出場した500人以上の審査
の中から、3日間かけて、194人が決戦に出場。

そこから、各部門ごとに1〜8位と特別賞・海外のバレエ学校バレエ団
サマーセミナー、短期留学、1年間のスカラシップバレエ団の研修生としての
資格の授賞式が行われました。

審査員は全員、外国人。
ワガノワメソッドバレエマスターや、ロイヤルバレエの元プリンシパル
サンフランシスコバレエの元プリンシパルを始めとする、バレエ界では超一流の
人達ばかりで、ものすごく刺激を受けました。

日本人は、信じられないほどの技術力をマスターしてるって、
その人達がビックリするほどに、どの子もプロ顔まけの踊りを披露してました。

ホント、ビックリです。

上位入賞者の子たちは、毎日、どんなお稽古をしているのでしょう?
信じられないほど、うまいのです。

オーストラリアバレエ学校の先生で、あらゆる国を客演で回っていた
男性ダンサーの人が、

「わずか10歳くらいで、こんなにすごい踊りを踊れる子は、
オーストラリアにはいません。」と言っていたほどです。

ですが、彼らは、そこには審査の基準を置いていなかったようで、
受賞した子は、メチャクチャうまくて完成された演技をした子というよりも、
”将来性”ということを重視して選んだみたいです。

将来性・・・

受賞者の共通点は、みんなマッチ棒のように細かったです。

う〜ん、やっぱりそこか!!

このようなコンクールで上位入賞がもう常連の子は、
留学ということがより現実化して、目の前に広がっているのでしょうね!?

バレエって、何なんだろう?

バレエって、バレエって・・・

スポンサードリンク






You tube バレエ画像・コンクールや舞台などバレエのブログTOPへ
posted by ballet at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエコンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

プレバレエコンクール

プレバレエコンクール

プレバレエコンクールが8月24日、25日と行われました。

ウチの娘も出場しました。

プレとは言え、回を重ねる毎にどんどんレベルが上がってきて、
各地のコンクールで上位を取っている子たちまで

出場するので、プレのつもりで出ても、歯も立たないといった感じ・・・(泣)

娘は、結局、奨励賞でした。

夏休み中毎日のように練習しても、その程度なのです。

いやいや、奨励賞に入るのも結構、大変なので、
こんなこと言ったら、かわいそうですね。

でも、実は狙ってたんですね・・・。

コンクールを体験すると、(出る方も、見る方も)毎回、いろんな気づきがあるんです。

もちろん、素質もありますし、容姿もあります。

はっきり、あります。

それが、バレエというものなのです。

初めて出て、上位入賞者に入る子もいます。

一曲の間、大した技も入っていなくて、ただ、素直に踊っている子でも、
やはり、アンデオールが生まれつき出きる子、音楽性のある子、

の出る子、首の長い子、なで肩の子・・・

でも、それをただ、うらやましいと思い続けてたって何にもなりません。

バレエって本当に奥が深い。

だから、うれしい思いもするし、くやしい思いもするけど、
でも、止められないんですね。

コンクールがすべてじゃないけど、やはり、なにかご褒美とかが
あった方が、モチベーションも上がるし、うまくなろうっていう意欲も
出てくるものです。

単なる指標にすぎないけど、コンクールを目指すのは、大事なことです。

それに、驚異的にうまい子を見るのも、実はすごく好きだったりして・・・。

素質と根性と、自己管理能力とメンタルコントロール、ETC。

やり続けて、子どもに何が見えてくるのか、
そして、親にも。

それが、少しでも分かれば喜びです。
posted by ballet at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエコンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

京都で大規模なバレエコンクール

京都で初めての大規模なバレエコンクールパシィオン・デュ・バレ・ア・キョウト」が3日、京都市上京区の京都こども文化会館であり、全国から参加したバレエダンサーたちが演技の美しさを競い合った。  コンクールは、京都バレエ専門学校有馬龍子バレエ団を中心とした実行委員会の主催。昨年までは発表会形式だったが、今回は特別審査員に日本バレエ協会の薄井憲二会長を迎え、技量を評価するコンペ形式として企画。小学生から成人まで6部門で約300人の男女が参加した。  ステージでは、ダンサーたちが次々と練習の成果を披露し、観客たちもしなやかな演技にじっくりと見入っていた。
posted by ballet at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエコンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。